ピラティスとは

体幹(深層筋)を鍛えて美しい姿勢・健康な体をつくります

老若男女問わず出来るエクササイズです。 ピラティスは、体の軸となるパワーハウス筋を鍛えるのが主な目的です。呼吸と共にゆっくりとした動きで、一見するとヨガに似ています。 普段の生活では中々使われない深層の筋肉を鍛えて、凛とした美しい姿勢をつくり、いつまでも若々しく、イキイキとした健康な体をつくる。それがピラティスです。

 

ピラティスの考案者ジョセフ・ピラティス氏の言葉

幸福に最も必要なものは身体の健康である

初心者大歓迎

アールパームでピラティスを。

 

ピラティスは

10回で違いを感じ
20回で違いが目に見え
30回でまったく別の身体に生まれかわるでしょう
You will feel better in ten sessions,
look better in twenty sessions,
and have a completely new body in thirty sessions.
ージョセフ・ピラティスー

 

その姿勢大丈夫ですか?

体幹が弱い、筋肉のバランスが悪いと

ついついしている、自分では気付かないクセ

姿勢

  • ふいに片脚立ちになっている ことはありませんか?
  • 脚を組む、寄り掛かる、肘をつく など、ありませんか?
  • 歩くと、頭が前にでていませんか?
  • 一見、姿勢が良さそうでも、背中が反るほど真っすぐになっていませんか?
  • 猫背、ポッコリお腹になっていませんか?
  • ハイヒールで反り腰、ひざ曲がりになっていませんか?
  • スマホをじっとみていませんか?

ピラティスは

すらっと伸び上がる姿勢と、メリハリのある身体を作り、姿勢と心が整い、体の全機能が充実します。

体・頭・精神の調和がとれるのがピラティスです。

継続することで期待される効果

  • 姿勢の改善
  • ケガの防止
  • ポッコリお腹が、スッキリする
  • 肩こり腰痛のトラブルの改善
  • 基礎代謝が上がり、太りにくい体質をつくる
  • 引き締まった美しいボディラインになる
  • スポーツ・パフォーマンスの向上
  • 自律神経のバランスが整う

日常生活がラクになるのがピラティスです。

 

『ピラティス』は、考案者の名前です。

ピラティスの考案者、ジョセフ・H・ピラティスは、幼少の頃、喘息、くる病、リウマチ熱などに苦しみました。
彼は、病に打ち勝つという気持ちをバネに、多くのスポーツや、身体訓練法を学び、体得し、第一次世界大戦、従軍看護師として、負傷した兵士や、様々な疾病に苦しむ人々のリハビリに携わり、体に負担をかけないように配慮しながらも体の筋力を鍛えていく、ピラティス・エクササイズを考案しました。
血液循環を促して新陳代謝を高めることを重要視し、独自の呼吸法とさらに、若さを決める要素として背骨の柔軟性に注目しました。

日本では現在、予防医学や機能改善のリハビリテーションに取り入れられ、幅広い年齢層に親しまれています。
また、スポーツ選手、モデル、女優、ダンサー、セレブたち、様々な分野、生活スタイルを持った人々に愛されています。
タイガー・ウッズ、マドンナ、イチロー、米倉涼子、伊達公子……など、著名人が身体づくりのために取り入れています。
肩こり、腰痛などの不調を改善したい!美しいスタイルになりたいなど、体のことが気になる方に、ぜひオススメしたい!ピラティスです。