ピラティスでマイナス10歳

女性の永遠のテーマ『永遠に若く美しく』

老けて見える人の特徴

●つまらない不満げな顔
●猫背
●膝が曲がっている
●お尻が下がっている
●シミが目立つ
●肌がくすんでいる・乾燥している
●ファンデーションが浮いている
●古いメイク
●髪の毛が乾燥している
●年齢にとらわれた言動・行動

心と若さ

まず、心が健康であることが、若さと美しさにつながると私は思います。おしゃれをしたくなるのも、美味しい物を食べたくなるのも、心が健康だから、楽しいからではないでしょうか。ではどうすれば、心が健康になるのかを考えてみたいと思います。『鶏が先か卵が先か』に当てはめると、気分が進まないつまらいから、何もしないで老け込んでいるのか、何もしないから、気分が進まないつまらないので老け込んでいるのか。なら後者から。まず体を動かしてみる。体を動かすことで、何かが変わるかもしれない。

とにかく動いてみる

●ストレッチ
●ウォーキング
●ランニング
など手軽にできることから、始めめませんか。

私のおススメはピラティス

運動と心の関係

運動後に、気分がスッキリしたり、前向きな気持ちになったりした経験はありませんか。運動が、将来的な病気の予防だけではなく、気分転換、ストレス解消など、心の不調の改善になると研究で明らかになっています。持続的なエクササイズ(運動)をすることで、交感神経が優位な状態が続き、心を安定させるセロトニンやエンドルフィンというホルモンが分泌されます。それが気分アップにつながり、ポジティブになると言われています。

ピラティスは交感神経が優位に

胸式呼吸で行うピラティス・エクササイズは、交感神経が優位になります。それによりセロトニン、エンドルフィンというホルモンが分泌されます。

セロトニンとは

精神の安定や安心感、平常心、頭の回転を良くして、直感力を上げるなど、脳を活発にする脳内物質。特にストレスに効果的。

エンドルフィンとは

痛みに緩和、免疫力向上、リラックス効果など気分を良くするホルモンで、逆にエンドルフィンのホルモンが減ると、ノンアドレナリンという興奮ホルモンが増加し、常に不安や興奮を感じるようになります。

日常的に運動する

運動、例えばピラティスを週1で行う。日常的に運動することで、心を安定させるホルモンが、常に分泌されストレスや疲労回復に効果をもたらします。また、当然運動すると疲れます。疲れから睡眠の質が向上し、気分がスッキリします。

運動で喜びを感じやすくなる

定期的にエクササイズをすることで、脳の報酬系が変化してドーパミンのレベルが上がりその受容体も増え、これによって喜びを感じやすくなるといわれます。調べによると、加齢によって報酬系にあるドーパミンの受容体は10年ごとに13%ほど減ることもあり、大人は日常生活で喜びを感じにくくなることも。エクササイズによってそれを予防できるのは嬉しいですね。

脳が喜ぶピラティス

エクササイズをするだけでもドーパミンのレベルアップするところへ、例えばピラティスレッスンで、最初はなかなかできなかったエクササイズが、ある日突然出来るようになって、飛び上がるほどに嬉しく感じた時などのその感動・喜びは、脳が喜び、幸せを感じることでしょう。

やる気がでるピラティス

交感神経が優位になる、ピラティス・エクササイズをすることで、ドーパミンが分泌され幸福感を感じ、やる気に繋がります。

心身が整うピラティス

ピラティスは、自律神経のバランスが整います。定期的に体を動かすことは、神経系に刺激をあたえ、心身のバランスが整い、ストレスやパニックになることが減るとも言われています。筋肉が生み出した乳酸は血管を通じて脳へ届きます。乳酸の脳への働きかけには、不安を軽減しうつ病予防の効果もあるとか。となると、落ち込んでいるときこそ体を動かしてみるべきかもしれません。

人と一緒にするピラティス

ピラティスのように、人と一緒に動くことで、エンドロフィンが分泌されます。エンドルフィンは免疫力向上させるホルモンです。ぜひこの機会にピラティスをはじめませんか。私と一緒に。お待ちしております。

ピラティスは、美容と健康維持のためにもお勧めです。

アールパームは個人レッスン

アールパームは継続しやすいシステムで、マンツーマンで行っています。自分のペースで落ち着いてピラティスが出来ます。まずは体験から!お気軽にお問い合わせください。 『アールパーム』は、あなたの美容と健康のサポートをさせていただきます。