股関節を動かすのが先決

股関節を柔軟にするピラティス

股関節とは

股関節は、両足のつけ根にあり骨盤と大腿骨を連結している関節です。

股関節が硬いことによるデメリット

□むくみや冷え症になりやすい

筋肉の動きが悪くなると、血行も悪く足先まで血液が届かない。

□疲れが溜まりやすい

筋肉の動きは、疲労物質を排泄する働きもあります。筋肉が動かないと、リンパや水分の流れも悪くなり、疲れが取れにくくなります。

□ケガをしやすくなる

筋肉の動きが悪いと、身体がスムーズに動かせず、ちょっとした段差でもつまづいたりします。また肉離れの原因にもなります。

□姿勢が悪くなる

凝り固まった硬い筋肉により、可動性の低下で偏った位置で固定されるようになり、肩こり、腰痛を引き起こします。

□下半身太りになる

身体が硬いと、血液やリンパの巡りが悪くなり、代謝も低くなるため痩せにくくなります。

デスクワークは身体が硬くなる

毎日長時間のディスクワークの人が増えています。この生活習慣が身体を硬くして凝りや痛み、なかなか抜けない疲れ、の原因になっています。

□ディスクワークを長時間続けると、

背骨肩甲骨股関節の3か所の周りが硬くこわばっていきます。すると身体の可動域が小さくなるので、付随して腕や脚の動きまで悪くなってしまいます。また、画面をのぞく時に姿勢が崩れがちになり、そのまま長時間過ごしていると、筋肉や関節がこわばります。

ピラティスで、身体を柔らかく

なじみのあるラジオ体操やピラティスで、体幹周辺を中心に身体を大きく動かして、こわばりや痛みからくるだるさを解消しましょう。

ピラティスをマンツーマンレッスンで

「アールパーム」は継続しやすいシステムで、マンツーマンで行っています。お気軽にお問い合わせください。

あなたの美容と健康のサポートをさせていただきます。